沖縄の農園だより、レストランレポート

トマトの糖度をはかっています@選果場

こんにちは! 今日も龍飛おきなわHPをご覧いただきありがとうございます。
今日は、沖縄市登川の選果場のようすをお届け致します。

トマトのコンテナがたくさん積み上げられている選果場です。選果場は遮光していますので、写真はいずれも少し暗めに写っています。

1つのコンテナには80個ほどのトマトが入っています。石川農園から20前後、東村から50前後のコンテナが選果場へ毎日運ばれてきます。
届いたトマトは、大きさ、かたさ、糖度と、ひとつひとつ手作業で仕分けていきます。
遮光している選果場はクーラーがかかっていて扇風機もあります。汗だくになるハウスに比べるとかなり快適ですが、それにはちゃんとした理由があります。

非破壊の糖度計フルーツセレクターは、太陽光が入るとセンサーがうまく働きません。遮光の理由は、トマトの糖度を正確に計るためなのです。

トマトはみずからエチレンガスを発生しています。このエチレンガスは果肉をやわらかくしてしまいますので、扇風機はエチレンガスの濃度を薄めるために使用します。
また、気温が高いとトマトが追熟してしまうため、クーラーは追熟を抑える役目を担っています。

採れたてのトマトを、「できる限り新鮮な状態でおいしくお召し上がりいただきたい」と日々、スタッフ一同努めています。

「ぜいたくトマト」、「OKIレッド」をはじめとする青果に関する詳細お問合せはお気軽にどうぞ。
龍飛おきなわ TEL:098-934-5505

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る